自分に合ったマッサージ店の選び方

マッサージ店の選び方

マッサージ店の色々な種類

「マッサージ」と一口に言いましても、「整体」「リラクゼーション」など、色々な種類がありますね。
こういったものは互いに似ているのですが、全体としては「医療類似行為」として法的に整備されているようです。

医療類似行為の中で、法的な資格制度があるのは、按摩、マッサージ、指圧、はり、お灸、按摩マッサージ指圧師で他の施術には日本では資格はないことになります。

こういったことは、どのような違いで表れてくるかと申しますと、保険が適用されるか適用されないかに関係してくるのです。

例えば、国家資格を持ったマッサージ師が医療のためにマッサージを行うことになりますと、健康保険は適用されるそうです。

はり・きゅうの場合ですとリウマチや五十肩、腰痛症などですと、保険が適用になります。

私事で恐縮ですが、以前に友達が「肩こりがひどくてマッサージに行ってきたけど、思ったより安く済んだ」と言っていたのを覚えています。
その友人は保険が適用されたのだと思います。

もし、医療の補足的な意味合いでマッサージなどをお願いするときには、保険が適応されるか一度聞いてみるとよいかもしれませんね。

今、流行しているフットマッサージやリフレクソロジーなどは、保険適用外ですので、少し料金が高めかもしれません。
しかし、マッサージで得られるリラックス感、ストレス解消感、は何にも代えがたいですね。

次のページでは、気になるマッサージの相場、どうやって良い店を選んだらよいかについて調べてみます。よかったらご参考になさってください。